XMの口座開設方法と手順

XMで口座開設をする人向けに、最新のXMの口座開設の注意点・始め方を紹介して行きます。

スマホでも登録可能です。

XMの登録はネット上で行い、必要書類もアップロードしてデータで提出して行きます。

デモ口座の開設方法もあわせて説明します。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 

スポンサーリンク

XM口座開設手順

それでは口座開設方法の手順・流れを画像付きで紹介して行きます。

登録のやり方が分からない人は参考にしてください。

下のリンクをクリックして登録画面に移りましょう。

リアルFX取引口座を開設する

 

XMの口座開設は「リアル口座」で開設

口座開設は緑色の「リアル口座」で開設しましょう。デモ口座は実際には取引しない練習用口座となります。

 

[XM口座開設]個人情報

  1. 下のお名前:(例)Tarouなど
  2. 性(苗字);(例)Tanakaなど
  3. 居住国:Japanを選択
  4. 希望言語:日本語を選択
  5. 電話:例:090-1122-3344の場合 → 819011223344と入力する
  6. Eメール:GmailなどのフリーメールでOK

最初の「個人情報」の欄で名前や電話番号について聞かれます。

名前はローマ字で入力しましょう。

電話番号は国番号も含めて入力します。

国番号を入力する時は、番号の最初の0は省いて入力します。

 

[XM口座開設]取引口座詳細

  1. 取引プラットフォーム:迷ったらMT4の方がおすすめ
  2. 口座タイプ:マイクロ口座、スタンダード口座、Zero口座から選択

個人情報の後に「取引口座詳細」で取引プラットフォームについて聞かれます。

分からない人はMT4にしておきましょう。

MT4の方がMT5より古いですが、自動売買ツール・EAツールなど、いろんなツールがMT4の方が豊富に揃っています。

海外FX業者でMT5を採用している所がまだ少ないので、MT4の方が情報量が多く、分からないことをネット検索する時も便利です。

仮想通貨の取引をしたい人はMT5

XMの仮想通貨取引はMT5しか出来ないため、ビットコインなどの仮想通貨取引をしたい人はMT5にしておきましょう。

ただ、マイクロ口座のMT5は最低取引単位が0.1ロットとなるので注意が必要です。

(通常の最低単位は0.01ロット)

XMの口座タイプはスタンダード口座が一番人気でお得

口座タイプは上で紹介しましたが、スタンダート口座が一番人気です。

低資金で始めたい人はマイクロ口座でも良いでしょう。

ボーナスはいらないけどスプレッドを狭く取引したい人はゼロ口座にしましょう。

関連記事:XM口座タイプの種類と比較・おすすめ口座

口座タイプは後から追加口座が簡単にできる

口座タイプで迷う人は「スタンダード口座」にしておきましょう。

後から追加口座で審査無しで簡単に複数口座が作れます。

一番おすすめの進め方は、「スタンダード口座を作ってボーナスを全て使い果たした後、ゼロ口座を開設して低スプレッド取引をする」ことです。

 

[XM口座開設]住所詳細

次の住所詳細の画面では、住所を入力して行きます。

住所はローマ字で入力しますが、海外では住所を逆から入力して行きます。

例:東京都港区麻布十番1-2-3

1-3-3, Azabujuban, Minato-ku, Tokyo, 106-0045, Japan

住所をローマ字に変換してくれるサイトもあります。

住所ローマ字変換サイト

 

納税義務のある米国市民ですか → いいえ

「納税義務のある米国市民ですか?」の質問には「いいえ」を選択しましょう。

「はい」を選択すると、米国納税者番号の入力が必要になります。

 

[XM口座開設]レバレッジは888倍(Zero口座は500倍)

XMのレバレッジ一覧
1倍2倍3倍5倍10倍15倍
20倍25倍50倍66倍100倍150倍
200倍300倍400倍500倍888倍

レバレッジは1倍~888倍の17種類から選択することが出来ます。

(Zero口座は1倍~500倍の16種類)

一番レバレッジの高い888倍がおすすめですが、国内FXのようにトレードしたい人は25倍を選択しても良いでしょう。

スワップ狙いであれば、低いレバレッジを選択しても良いと思います。

口座開設後もレバレッジを変更することも出来ますので、深く考える必要はないと思います。

 

[XM口座開設]投資家情報

次は投資に関する質問が出て来ます。

投資額・取引の目的および性質・雇用形態・学歴・所得総額・純資産の6項目について聞かれますが、全て正直に答えましょう。

  • 投資額:投資予定の額を米ドル額で
  • 取引の目的および性質:投機・ヘッジング・投資・リスク管理・分散
  • 雇用形態:被雇用者(サラリーマン・アルバイトなど)・自営業・学生・退職者・無職
  • 学歴:中学・高校・学士(大学)・修士・博士・それ以外
  • 所得総額:収入の額を米ドル額で
  • 純資産:投資できる金額を米ドル額で

 

[XM口座開設]口座パスワード

XMの口座パスワードは小文字・大文字・数字を含めて決めましょう。

誕生日や電話番号など、分かりやすい数字は使わないようにしましょう。

 

[XM口座開設]XMからメールが来る

入力が終了したらXMからメールが来ます。

「こちら」をクリックしてログインして行きましょう。

 

[XM口座開設]XMの口座を有効化する

XMにログインしたらマイページの「こちらより口座を有効化する」をクリックして口座を有効化しましょう。

 

[XM口座開設]マイナンバーは入力しなくても、制限を受けることは無い

マイナンバーを入力する画面になりますが、「マイナンバーをお持ちですか?」という質問に対して「いいえ」を選んでもアカウントに規制や制限がかかることはありません。

ただ今後、何かの規制などがかかる可能性もあるので、納税者番号(TIN)を入力しておいた方が良いでしょう。

 

[XM口座開設]本人確認書類と住所確認書類

上で紹介した本人確認書類(身分証明書)と現住所を確認できる書類をアップロードしましょう。

公共料金の明細書などは、日付が載っている、6ヶ月以内のものを提出しましょう。

スマホで写真を撮ってアップロードするだけなので、とても簡単です。

本人確認書類(身分証明書)

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード(写真付き)
  • 外国人登録証/在留カード
  • 障害者手帳
住所確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 公共料金請求書/領収書(電気・ガス・水道など)
  • 電話料金明細書/領収書
  • クレジットカード明細書
  • 銀行支払い明細書
  • 住民票
  • 納税書類

これで口座開設の手続きは終了です。

 
XM口座開設の未入金ボーナス3000円を受け取ろう

口座を有効化したら、早速マイページ(会員ページ)から3000円の無料ボーナスを受け取りましょう。

口座開設ボーナスの受取期限は1ヶ月になります。

受け取り忘れると、3000円は消滅してしまうので、すぐに受け取りましょう。

 
[XM口座開設]有効化が遅い時の原因と対処方法 ※土日は休み

土日祝日はXMのサポートが休みですので、月曜日以降に提出書類のチェックが行われます。

3営業日経っても連絡が無い場合はサポートに連絡を取りましょう。

 
XMで口座開設できない原因(メールが来ない)

口座開設ができない時はこれらの原因が考えられます。

  • 口座開設フォームに正しい情報が入力されていない
  • 過去に禁止行為などでブラックリストに載ってしまった
  • 既に口座開設を行なっている
  • 提出書類の内容が間違っている
  • 提出書類が見にくい・写っていない部分がある

 
口座開設できない対処方法

基本的にはXMのサポートから口座開設ができない理由を教えてくれるので、それに沿ってフォームの再入力や書類の提出をしましょう。

もし連絡が無い場合は、何かの手違いの可能性もあるので、まずはサポートに口座開設ができない旨を伝えて対処してもらいましょう。

 

XMの口座開設まとめ

XMの口座開設方法・注意点や手順を紹介して来ました。

XMの口座開設は少し英語が必要な部分もありますが、ほとんど国内FXと同じように開設することが出来ます。

一度開設すれば、複数口座を簡単に作れるようになります。

ぜひ口座開設をして、口座開設ボーナス3000円を受け取りましょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XMのログイン – 会員ページとリアル口座・MT4のログイン方法

 
【関連記事】