XMのロスカット計算と証拠金維持率

XMのロスカット計算と証拠金維持率について詳しく紹介していきます。

XMは海外FX業者のため、国内FX業者に比べロスカットされにくいです。

ここではXMの証拠金維持率やロスカットの計算方法、ロスカットを避ける方法について詳しく解説します。

ロスカットとなる条件をしっかり把握して、資金をコントロールしましょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 

XMのロスカット・証拠金維持率

XMのロスカット水準は「20%」です。

ロスカット水準とは、証拠金維持率が一定の数値(XMでは20%)を下回ると、強制ロスカットされる水準を指します。

自身の保有するポジションの含み損が大きく増えてしまい、証拠金維持率が20%を下回ると、強制的に決済されます。

強制ロスカットはトレーダーを損失から守るシステムで、他の海外FXや国内FXでも定められています。

XMでの取引では証拠金維持率が20%を下回らないように、資金管理を徹底しましょう。

 
XMの証拠金維持率のメリット

  • ロスカットに耐えられる
  • ポジションをより長く保有できる

国内FXの平均的な水準が50%前後であるのに対して、XMの水準は20%と低いです。

XMは国内FX業者に比べロスカットされにくく、ポジションを長く保有できます。

ポジション保有時間が長ければ、相場が反転して利益が出る「逆転チャンス」の可能性が高くなります。

 
XMの証拠金維持率のデメリット

  • ロスカットされた時の損失が大きくなる

ロスカット水準が低ければ、強制ロスカットされた時の損失が大きくなります。

XMではハイレバレッジでのトレードが可能なので、一瞬にして大金を失う可能性も十分あります。

大きな損失を出してしまわないよう、資金管理には細心の注意を払いましょう。

 

XMのロスカット計算方法

XMのロスカットの計算方法について詳しく解説していきます。

ロスカットの計算は非常に複雑なので、「いくら負けられるか?」といった許容pipsや許容金額を、具体例を交えて見ていきましょう。

 
例①:【証拠金2万円、5万通貨の計算方法】(レバレッジ888倍、ロスカット水準20%)

5万通貨÷888倍×100=5,630(最低必要証拠金)
5630×ロスカット20%=1,126円(ロスカットされる金額)
証拠金20000円−1126円=18,874円
18874円÷5万通貨×100=37.7pips

この場合、18874円(37.7pips)の損失が出た場合に強制ロスカットされます。

 
例②:【証拠金2万円、5万通貨の計算方法】(レバレッジ500倍、ロスカット水準20%)

5万通貨 ÷ 500倍 × 100 = 10,000
10,000 × ロスカット20% = 2,000円
証拠金20,000円 – 2,000円 = 18,000円
18,000円 ÷ 5万通貨 × 100 = 36.0pips

この場合、18,000円(36pips)の損失が出た場合にロスカットされます。

 
雇用統計などの重要な経済指標発表の時は、1円(100pips)動く場合もあります。

ドル円が2~3円落ちるような大暴落の時に買いポジションを持っていたら、一瞬にしてロスカットされてしまう計算です。

 

XMロスカット計算に便利な計算ツール

XMのロスカット計算には便利な計算ツールがあります。

ロスカット計算は手動で行うと難しく、時間もかかりますから「FX証拠金シミュレーター」を利用しましょう。

先ほどの例をツールに入力して確認してみます。

証拠金2万円、5万通貨、レバレッジ888倍、ロスカット水準20%の例

先ほどの手計算だと18,874円(37.7pips)だったので、少し誤差はありますが大体合ってます。

 
証拠金2万円、5万通貨、レバレッジ500倍、ロスカット水準20%の例

先ほどの手計算だと18,000円(36pips)だったので、少し違いはありますが大体合ってますね。

 

XMのロスカットになるタイミング

XMのロスカットになるタイミングは、ポジション保有時に損失が拡大し「証拠金維持率が20%を下回った時」です。

強制ロスカットは買い・売りどちらのポジション保有時でも、証拠金維持率20%以下になれば執行されます。

 

XMでロスカットを避ける対策

XMでロスカットを避ける対策は以下の3つです。

  • 証拠金を余裕を持って考える
  • 損切りルールを決めておく
  • 両建てをしてロスカットをしのぐ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 
証拠金を余裕を持って考える

取引資金が少ないと証拠金維持率も低くなるので、ロスカットの可能性が高くなります。

証拠金を余裕を持って考えることで証拠金維持率を高く保ち、ロスカットの可能性を低くできます。

 
損切りルールを決めておく

1回の取引でかけられるリスクや許容損失額をあらかじめ決め、損切りのルールを決めておくことが大事です。

最も重要な事は、決めた損切りラインを必ず守ることです。

損切りラインを守れずに粘ってしまえば、ずるずる資産を大きく失う可能性があります。

トレードで安定して利益を得るには、まず相場で生き残ることが大切です。

 
両建てをしてロスカットをしのぐ

ロスカットを一時的に避けるという目的で両建てをする方法もあります。

両建てとは、「含み損を抱えるポジションとは反対にエントリーすること」を指します。

両建てを行うことにより「ロスカットされた後に相場が反転した。ロスカットされていなければ利益が出たのに」といった現象を防ぐことができます。

XMは同一口座内の両建ては禁止行為にしていません。

 

XMロスカットまとめ

XMのロスカットについて詳しく解説してきました。

XMは国内FXと比べロスカット水準が低いため、大きなトレードがしやすいです。

ロスカット水準が低い場合、ロスカットされた際の損失も大きくなります。

つまり「ハイリスクハイリターン」という事です。

ロスカット水準と回避方法をしっかり理解し、少しでもリスクを減らして取引しましょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 
【関連記事】