XM口座凍結と休眠口座 理由と再開の条件

XMでの口座凍結と休眠口座について詳しく紹介していきます。

XMでは特定条件により口座凍結や休眠口座となってしまい、取引ができなくなります。

ここではXMで「口座凍結や休眠口座となる理由や解除の方法」について詳しく解説します。

想定外に口座凍結や口座休眠とならないよう、しっかり条件を把握しておきましょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 

XMで口座凍結になる理由

XMで口座凍結・休眠口座になる理由は以下の通りです。

休眠口座となる条件

  • XMで90日間取引がない場合
口座凍結となる条件

  • 口座休眠となった後、口座残高がない状態で更に90日間取引がない場合
  • XMの定める不正行為を行った場合

このように、口座凍結と口座休眠はXMでの取引が長期間ない場合に行われます。

不正行為によっても口座凍結となりますが、通常の取引を行っていれば違反となる事はまずありません。

口座凍結と口座休眠となる条件について詳しく見ていきましょう。

 

XMで90日取引がなければ休眠口座となる

XMでは90日間取引がない場合に休眠口座となります。

休眠口座は手数料が毎月5ドルずつ引かれます。

休眠口座に追加入金または取引を行うことで、休眠状態を解除できます。

 

XMの口座に残高がなければ口座凍結

XMで90日間取引をせず休眠口座になると、手数料が毎月引かれ続け口座残高がゼロになります。

休眠口座の残高がゼロになり、それから更に90日間取引が無ければ口座凍結となります。

 

XM口座凍結の解除のやり方

XMの口座凍結は解除する方法がありません。

一度口座凍結となってしまうと解除することはできず、再びXMで取引を行うには新たに口座開設するしか方法はありません。

口座開設手続きは5分ほどで完了します。

 

XM口座凍結・休眠口座になった時のボーナス

XMでは休眠口座になった時点でボーナスとXMポイントは消失します。

不正行為により口座凍結となった場合も同様です。

ただし入金ボーナスは上限に達していなければ休眠前のものが引き継がれます。

 

XM休眠口座からの出金は可能

休眠口座は凍結口座とは違い、入出金や取引が可能な状態です。

残高が残ったまま休眠口座となる場合もありますから、出金手続きは通常口座同様に行えます。

 

XMで口座凍結になる不正取引

XMで口座凍結となる不正取引をまとめました。

通常取引を行っていればまず違反となる事はありませんが、XMが定める不正取引の概要は把握しておきましょう。

 
他人のふりをしてボーナスを何度も受け取る

XMに初めて登録をすると初回に限り3000円分の取引ポイントを受け取ることができます。

これを受け取るためになりすましを行うのは不正行為となります。

 
複数口座や別業者を使った両建て

FXの両建てとは、同一ポジションで上昇と下降の両方にかけることです。

XMでは「複数口座、別業者を使った両建てのみ」を禁止しています。

1つの口座内で行う両建ては禁止されていません。

 
別通貨で特定の通貨をヘッジする両建て

別の動きの近い通過ペアを使って両建てをすることを禁止しています。

例えばドル円は上昇に、動きの近いユーロ円を下降にポジションを入れるなどです。

 
ゼロカット狙いのハイレバトレード

XMなどの海外業者にはゼロカットというサービスがあります。

ゼロカットとは「手持ちのお金以上は無くならないように損失を業者が負担する」仕組みです。

これを使ってわざと証拠金以上のお金をかけることは禁止されています。

 
アービトラージ取引の禁止

XMではいかなるアービトラージ(裁定取引)も禁止されています。

アービトラージは、ネットワーク接続や機器不調によりFX業者間で価格差が生じるエラーのことです。

エラーやシステム不具合を意図的に利用した取引は不正行為となります。

以上がXMの定める不正行為であり、行うと即座に口座凍結されます。

 

XMの口座凍結まとめ

XMの口座凍結・休眠口座について詳しく紹介してきました。

XMでは不正行為による口座凍結を除き、取引されなくなった口座を段階的に休眠口座・口座凍結としています。

今後取引の予定がなく休眠口座となった場合は、残高を忘れずに引き出しておきましょう。

口座凍結された場合でも、口座の新規開設を行うことで再びXMでの取引は可能です。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 
【関連記事】