XMは法人口座を作れない-XM法人口座の対処法

「XMで法人口座を作れないの?」

「法人口座を作る抜け道はないの?」

海外FX業者では、口座開設時に、個人口座と法人口座のどちらかを選ぶことができます。

しかし、タイトルにもある通り、XMでは法人口座は開設不可能です。

そこで今回は、海外FX業者のXMで、法人口座の開設や法人口座開設の対処法についてについてご説明します。

海外FX業者を利用して法人口座で取引を始めようと考えてしている人は参考にしてください。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XMの口座開設手順【最新】

 

スポンサーリンク

XMの法人口座は開設できない

参考:XM よくある質問

XMでは個人口座は開設できますが、法人口座を開設することができません。

過去には法人口座の受付もしていたようですが、ずいぶん前から個人口座のみに変わってしまったようです。

XMで海外FXを始める場合は、個人の口座を開設するしか選択肢はありません。

 

XMの法人口座は以前までは海外法人ならできたが今は不可能

以前までなら、XMでも「海外法人」という条件のもとで法人口座を開設することが出来ました。

今は「海外法人」であってもXMで法人口座を作ることができません。

XMで法人口座を作れる方法は、今のところ一切ないので、XMは個人口座しか選択肢がないと覚えておきましょう。

 

XM 法人口座のメリット

法人口座を作るメリットは「税金対策」です。

税金対策で法人化した人は、法人口座を提供している海外FX業者でトレードしたいと思っているでしょう。

海外FXの法人口座を作ると、以下のようなメリットがあります。

  • 税率が低くなる
  • 経費でえ計上できるものが増える
  • 損益通算が可能になる
  • 最長9年の損失繰越ができる
  • 相続税の対策になる
  • 健康保険料が安くなる

個人事業主と法人の税率の違い

個人法人
国税所得税:5~45%法人税:15~23.2%
地方法人税:2~2.4%
地方税住民税:10%法人事業税:3.5~7%
法人住民税:1.3~1.6%
合計15%~55%21.8%~33.2%

法人になると、いろんな法人税があるので非常に複雑ですが、個人と比べると最大20%ほど税金が安くなります。

しかも個人ではできない「給料を経費にできる」ことや、「出張は日当を払うことができる」など、税金対策となる項目がかなり増えます。

個人では家賃や車代やガソリンなど按分(あんぶん)で計算していたものが、法人だと割合を増やすことができます。

稼いでいる人は法人口座を作りたいのは、もっともな話しだと思います。

 

XMの法人口座が作れない対処法

XMでは法人口座を作ることができないため、「どうしても法人口座でFX取引をしたい」という人は「他の海外FX業者で法人口座を開設する」という方法になります。

XMでどうしてもトレードしたい人は「個人口座として続ける」という方法になります。

 

[XMの法人口座]法人口座が開設可能な海外FX業者

海外FX業者法人口座必要書類特典
XM不可(個人口座のみ)
Axiory可能法人確認書類、法人現住所確認書類、取締役本人性確認書類、取締役現住所確認書類、取締役決定書専門コンシェルジュ、特別スプレッド
Tradeview可能履歴事項全部証明書の写し、法人の現在住所確認書類、代表者・役員の身分証明書、代表者・役員の現在住所確認書類
FBS可能法人の定款の写し、代表者の本人確認書類
Hotforex可能記載なし
iFOREX可能法人登録の証明書類、法人が為替取引承諾している証明書、株主名簿、法人の現住所書類、取引を行う個人の本人確認書類、取引を行う個人の現住所書類
LAND-FX可能事業許可証(登記簿謄本)、法人居住証明書
TitanFX可能会社の登記簿謄本、役員全員の運転免許証と保険証またはパスポート、マイナンバーカード
GemForex可能会社の登記簿謄本、代表者の身分証明書、身分証明書と本人が写っている画像
法人口座におすすめ
Axiory:専門コンシェルジュが付き、取引ボリュームによっては特別スプレッドが付く
Tradeview:提出書類を英訳することなく日本語のまま提出OKで簡単
LAND-FX:提出書類が2つだけなので口座開設が簡単
法人口座におすすめしない業者
XM:法人口座が開設できない
iFOREX:提出書類の難易度が激高
FBS:口座資金が多くなるとレバレッジが下がってしまう

XMの代わりに法人口座を作るのであれば、AxioryかTradeviewがおすすめです。

法人口座を作るための書類が少なく、簡単に法人口座を開設することが可能です。

iFOREXはXMのようにボーナスが豊富で、入金口座も不定期でリセットされるキャンペーンもありますが、書類が面倒で、英語が苦手な人は1人で書類を完成させることが難しいレベルです。

FBSはXMのように口座残高によってレバレッジが下がるので、法人化するメリットがあまりありません。

法人口座を作るのであれば、Axiory、Tradeviewが人気なので、ぜひ検討してみましょう。

参考:海外FXの法人化 – 法人口座開設のメリットと比較

 

XMの法人口座まとめ

XMの法人口座について紹介してきました。

XMは法人口座が作れず、その解決策が「他の海外FX業者を使う」という残念な結論になってしまいましたが、仕方がありません。

法人口座はAxioryやTradeviewが人気で、書類も簡単でAxioryは専門コンシェルジュが付き特別スプレッドでトレードすることが可能です。

ぜひ参考にしてください。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XMの口座開設手順【最新】