XMのMT4とMT5の違い – おすすめはMT4MT5どっち?

xm mt4 mt5

「XMってMT4とMT5があるけど、どう違うの?」

「MT5の方が新しいのに、なんでみんなMT4を使っているの?」

「MT4を使う理由を教えてほしい」

XMの取引プラットフォームはMT4とMT5がありますが、古いMT4を使い続けている人が多いです。

今回はXMでトレードするならMT4が良いのか?MT5が良いのか?違いについて比較して行きます。

  • MT4がおすすめ:EAでトレードしたい人、カスタムインジケーターでお気に入りがある人
  • MT5:EAでトレードする予定がない人、サクサクトレードしたい人

EAを使っている人は未だにMT4の方がEAがたくさんありますが、カスタムインジケーターなどお気に入りがMT4にある人以外はMT5をおすすめします。

MT5の方がスピードも速く、スペックはMT5の方が良いです。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XMのMT4(MetaTrader4)プラットフォームのダウンロード

 

スポンサーリンク

XMのMT4とMT5の違い

MT4MT5
時間足9種類21種類
ナビゲーターウィンドウフォルダを作れない任意でフォルダを作れる
動作MT5より遅いMT4より速い
気配値ウインドウ通貨ペア・ティックチャートのみ詳細やプライスボードも見れる
インジケーターの移行互換性なし
アップデート2018年以降のアップデートなし2018年以降もアップデート継続中
インジケーター種類が多い種類が少ない
メモリ使用量少ない多い
取扱い業者多い少ない
MT4/MT5ダウンロードhttps://www.xmtrading.com/jp/mt4https://www.xmtrading.com/jp/mt5
公式サイトhttps://www.metatrader4.com/jahttps://www.metatrader5.com/ja

MT4とMT5の違いを簡単に表にまとめました。

まだまだ人気が衰えないMT4ですが、MT5の方が機能的にはアップしています。

MT4のアップデートも2017年で終わっているので、メタクオーツ社としてはMT5に力を入れている状態です。

機能面ではMT5の方が優れていますが、EAやカスタムインジケーターの数が少ないのでMT4に慣れている人は多いでしょう。

今までMT4を使っていなかった人はMT5から始めてOKです。

 

[XM MT4/MT5違い]MT5は時間足が21種類ある(MT4は時間足が9種類)

MT4の時間足
・1分足(M1)・5分足(M5)・15分足(M15)・30分足(M30)
・1時間足(H1)・4時間足(H4)
・日足(D1)・週足(W1)・月足(MN)
MT5の時間足
・1分足(M1)・2分足(M2)3分足(M3)4分足(M4)・5分足(M5)・6分足(M6)10分足(M10)12分足(M12)・15分足(M15)・20分足(M20)・30分足(M30)
・1時間足(H1)・2時間足(H2)3時間足(H3)・4時間足(H4)・6時間足(H6)8時間足(H8)12時間足(H12)
・日足(D1)・週足(W1)・月足(MN)

MT4は最低限の時間足しかありませんが、MT5になると12種類も増えて、精度の高いチャート分析が可能です。

 

[XM MT4/MT5違い]ナビゲーターウィンドウのメニューが増えて便利に

MT4ではナビゲーターウィンドウのメニューが2つしかありませんでしたが、MT5では「詳細」と「プライスボード」が追加になっています。

今までは「気配値」と「ティックチャート」しか見れませんでしたので、少し便利になりました。

 
「詳細」「プライスボード」

「詳細」では高値や安値、気配値を見ることが可能になり、プライスボードではワンクリック注文が可能になっています。

1つの画面で複数のワンクリック注文が可能なので、複数通貨ペアのトレードをしている時などは、とても便利になりました。

 

[XM MT4/MT5違い]MT5の方が動作スピードが早い

MT4と比べてMT5はかなりサクサク動くようになりました。

注文や決済でストレスを感じることもなく、スキャルピングトレードも問題ありません。

以前は「パソコンが重くなる」という問題がありましたが、相当古いパソコンでない限りは問題なく動作します。

 

[XM MT4/MT5違い]MT5はアップデートを続けているがMT4のアップデートは終了

現在のメタクオーツ社はMT4のアップデートは終了し、MT5の開発に力を入れています。

いずれはMT5に完全に移行することになるので、どちらか迷っている人はMT5を使うようにしましょう。

メタクオーツ社の公式サイトを見てもMT4はインストールすることができないため、MT4には今後、力を入れることは無いと思います。

 

[XM MT4/MT5違い]MT4の方がカスタムインジケーターやEAの種類が多い

MT5と比べるとMT4の方がカスタムインジケーターやEAの数が圧倒的に多く、MT5は未だに数が少ないのが難点です。

今ではインジケーターもかなり充実しMT5でも不便を感じることは少なくなったと思います。

しかし、どうしても使いたいものがある時はMT4の方が良い場合があります。

 
MT5よく使われるインジケーター

MT5のインジケーター

  • 移動平均線
  • MACD
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • エンベロープ

MT5もテクニカル分析のメインで使われるインジケーターは十分にそろっています。

裁量トレードであればMT5の方が良いでしょう。

 
EAは未だにMT4

EAは未だにMT4がメインです。

EAで有名なGogoJungle(ゴゴジャン)ではMT4のEAしか取り扱っていません。

MetaQuotes Software社が運営しているMQL4 CodebaseではMT4よりもMT5の方が多く取り扱っています。

日本国内ではMT5の普及が海外よりも遅れているかもしれません。

 

XMのMT4とMT5まとめ

MT4MT5
時間足9種類21種類
ナビゲーターウィンドウフォルダを作れない任意でフォルダを作れる
動作MT5より遅いMT4より速い
気配値ウインドウ通貨ペア・ティックチャートのみ詳細やプライスボードも見れる
インジケーターの移行互換性なし
アップデート2018年以降のアップデートなし2018年以降もアップデート継続中
インジケーター種類が多い種類が少ない
メモリ使用量少ない多い
取扱い業者多い少ない
公式サイトhttps://www.metatrader4.com/jahttps://www.metatrader5.com/ja
  • MT4がおすすめ:EAでトレードしたい人、カスタムインジケーターでお気に入りがある人
  • MT5:EAでトレードする予定がない人、サクサクトレードしたい人

EAやオリジナルインジケーターを見ると未だにMT4の方が強い印象がありますが、裁量トレードや、一般的なインジケーターしか使わない人はMT5で良いと思います。

MT4のアップデートも既に終了していて、メタクオーツ社も今後はMT5にしか力を入れる予定はありません。

XM以外にもTitanFXやFBS、HotfrexなどもMT5を導入し、少しずつMT5が一般的になりつつあります。

迷っている人はMT5で良いと思いますし、自動売買をやっている人やお気に入りのインジケーターがある人は、まだMT4を使い続けて良いと思います。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 
【関連記事】