XMの税金と確定申告 – 必要書類と計算・やり方

XMの税金と確定申告について詳しく紹介していきます。

海外FX業者のXMで取引した場合の税金区分や税率、計算方法、確定申告の書類と書き方を解説します。

国内FXと海外FXでは、課税方法や税率が異なりますので注意しましょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 

XMの確定申告が必要な人と条件

XMの確定申告が必要な人と条件は以下の通りです。

  • 副業の方 → 年間利益20万円以上
  • 個人事業主の方 → 年間利益38万円以上

XMの税率は累進課税となっており、利益によって納税額が変わります。

累進課税率や控除額、計算方法について詳しく見ていきましょう。

 

[XMの確定申告]サラリーマンは利益20万円から必要

サラリーマンをはじめ、給与所得者は「XMの年間利益が20万円以上」の条件で、確定申告が必要になります。

パートやアルバイトも給与所得者に含まれるので、サラリーマン同様利益が20万円を超えたら確定申告が必要です。

2月16日~3月15日の確定申告の時期までに、利益が20万円を超えているかどうかを忘れずに確認しておきましょう。

 

[XMの確定申告]個人事業主は利益38万円から必要

個人事業主の場合は、「XMの年間利益が38万円以上」の条件で、確定申告が必要になります。

フリーランスや専業主婦、アルバイトをしていない学生も、この条件に従って確定申告をしなければなりません。

 

XMの税金は雑所得の累進課税

国内FXと海外FXでは、課税方法や税率が異なります。

  • 国内FXの場合:雑所得 申告分離課税(税率は一律20.315%)
  • 海外FXの場合:雑所得 累進課税(税率は利益に応じて15%~55%)

どちらも雑所得という収益になります。

国内FXの「申告分離課税」とは、ほかの所得とは分離して税金を納税する方法です。

一方海外FXの「累進課税」では、利益が増えるほど税率が高くなる仕組みです。

確定申告の際、国内FXと海外FXの損益合算はできません。

その代わり海外FXの場合、他の海外FX口座における損益を通算することが可能です。

また海外FXでは損失の繰越ができないので、損失を最小限に抑えるトレードを心がけましょう。

 

XMの税率と税金の計算方法

XMの税率は累進課税となっているので、利益が増えれば税率が上がりますが、控除金額も上がります。

所得金額と税率
所得金額税率控除額
195万円以下15%0円
195万円~330万円20%97500円
330万円~695万円30%427500円
695万円~900万円33%636000円
900万円~1800万円43%1536000円
1800万円~4000万円50%2796000円
4000万円以上55%4796000円

XMでは、所得税(5%~45%)と住民税(10%)の合算となっています。

計算方法は「FXの年間利益-経費=個人所得」となります。

経費とは、FXのために買ったパソコンやタブレット、FX関連のセミナーや書籍代などを指します。

 

XMの確定申告提出期限

XMの確定申告期間は2月16日から3月15日なので、この期間内に済ませましょう。

3月15日を過ぎた場合、期限後申告として扱われ税延滞税を課される可能性があるので、注意してください。

 

XMの確定申告に必要な書類

XMの確定申告に必要な書類について詳しく解説していきます。

XMの確定申告は必要書類が多く複雑ですから、確定申告時期までにゆとりを持って用意しておきましょう。

 
XMの確定申告は源泉徴収票、経費の領収書、控除証明書が必要

  • マイナンバーカード(または通知カード)
  • 源泉徴収票(給与所得者のみ)
  • 各種控除証明書(社会保険料控除・医療費控除・住宅ローン控除)
  • 経費の領収書 ※提出義務なし
  • 年間取引報告書(年間損益報告書) ※提出義務なし

XMの確定申告手続きには以上の書類が必要です。

全て提出するわけではなく、手続き書類記入に必要なものも含んでいます。

 

XMから年間取引報告書をダウンロード

年間取引報告書はMT4・MT5からダウンロードできます。

以下の手順でダウンロードできますから、画像を見ながら順番に進めてください。

 
MT4のターミナルウィンドウから口座履歴をクリック

MT4下部のターミナルウィンドウにあります「口座履歴」をクリックしてください。

 
右クリックで期間のカスタム設定

右クリックでウィンドウを開き、「期間のカスタム設定」を選択してください。

 
期間を1月1日~12月31日で設定

期間の選択ウィンドウが表示されますので、1月1日~12月31日で設定しましょう。

 
右クリックでレポートの保存

1月1日~12月31日に絞り込まれましたので、再度右クリックをしてレポートを保存します。

 
年間取引報告書が発行される

以上で年間取引報告書の発行は完了です。

 
1年の損益はクローズドトレードP/L(Closed Trade P/L)

1年分の損益は「クローズドトレードP/L」で確認できます。

 

XMの確定申告の手順とやり方

XMの確定申告の手順とやり方を解説していきます。

確定申告は書類手続きでも行えますが、国税庁のホームページから入力する方が便利です。

税金の計算も自動でやってくれますので、手間もかかりません。

ここでは国税庁のホームページを元に進めていきます。

 
①国税庁のホームページへ移動して、「作成開始」をクリック

国税庁のホームページを開いてすぐわかる上部に申告書の作成があります。

作成開始をクリックで新規の申告書作成が開始でき、途中保存した場合は右側から再開が可能です。

 
②e-Taxが無い場合は、「印刷して書面で提出」を選択

e-Taxがない場合は「印刷して書面で提出」を選択します。

こちらを選択した方は書類を郵送する必要があります。

 
e-Taxがある場合は、「e-Taxで提出する」をクリック

e-Taxがある場合は「e-Taxで提出する」を選択します。

e-Taxでは書類印刷の必要がありません。

 

e-Taxは「マイナンバーカード方式」での提出方法と、「ID・パスワード方式」での提出方法の2種類があります。

ID・パスワード方式での提出は、事前に国税庁でe-Taxの登録が必要になります。

 
③所得税をクリック

一番左にあります赤枠の「所得税」をクリックしてください。

 
④「左記以外の所得のある方」をクリック

赤枠の「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」をクリックし、作成を開始しましょう。

 
⑤青色申告者は申告の種類をクリック

個人事業主など青色申告を行う方は「申告の種類」をクリックし、申告する方の生年月日を入力します。

 
⑥サラリーマンの方は給与所得を入力

サラリーマンをはじめ給与所得のある方は「給与所得」を入力しましょう。

 
⑦源泉徴収票に従って入力

予め用意した源泉徴収票を確認しながら項目の入力を進めてください。

 
⑧雑所得のその他(海外FXの税金)をクリック

海外FXの税金を申告するため、「雑所得のその他」をクリックします。

 
⑨上記以外(報酬等)をクリック

所得の内容は上記以外(報酬等)に該当するため、右側にある「入力する」をクリックします。

 
⑩海外FX業者の名称と住所を英語で入力+収入金額と経費も入力

  • 種目:証拠金取引
  • 名称:海外FX業者の名称
  • 場所:海外FX業者の住所
  • 収入金額:MT4で出力したクローズドトレードP/L(Closed Trade P/L)を記入
  • 必要経費:(いつも経費の総合計からの割合で入力しています)

 
⑪控除を入力

控除を入力していきます。

該当するのは以下の項目です。

  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 寄附金控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除

 
⑫納税金額を確認

ここまで入力した内容を元に、納税金額が自動で計算され表示されます。

納税額を確認したら「次へ」をクリックします。

 
⑬氏名、職業などを入力

本人情報を入力していきます。

氏名や職業を入力しましょう。

 
⑭住所などを入力

住所などを入力します。

マンション・アパートの号室まで忘れずに入力してください。

 
⑮マイナンバーを入力

12桁のマイナンバーを入力し、「次へ」をクリックします。

 
⑯「帳票表示・印刷」をクリック

チェック項目は変えずに、そのまま「帳票表示・印刷」をクリックしましょう。

 
⑰会社にばれたくない人は「自分で納税」に丸を打つこと

会社にバレたくない方は、「自分で納税」に必ず丸を打ってください。

これを忘れると会社にバレてしまいます。

 
⑱必要書類を貼り付けて税務署へ送る(持ち込みOK)

最後に必要書類を貼り付けて、お近くの税務署へ郵送します。

税務署に直接持ち込んでもOKです。

以上でXMの確定申告手続きは完了です。

 

XMの確定申告まとめ

XMの確定申告について詳しく紹介してきました。

国内FXとは課税方法や税率が違うので、海外FXをこれから始める方は注意が必要です。

確定申告時期は税務署が混雑しますので、申告手続きはゆとりを持って行うようにしましょう。

会社員やアルバイトでも勤務先にバレずに納税することができますから、確定申告の仕組みを把握しておけば気軽に始めることができます。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XM(XMTrading)公式サイトの口座開設と特徴