XMゼロ口座のメリット – ボーナスやスプレッドと手数料

xm zero

XMには「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」の3つの口座があります。

この3つの口座タイプには、それぞれ異なる特徴があります。

そこで今回は、そのうちの「ゼロ口座を使うべき人はどんな人なのか?」についてお話します。

ゼロ口座は「スキャルピングやデイトレードなど短期のトレードをする人」におすすめです。

スプレッドや取引手数料、ボーナスなど、ゼロ口座のメリットについて紹介して行きます。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XMの口座開設手順【最新】

 

スポンサーリンク

XMのゼロ口座とは? ゼロ口座のメリット

マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
取引手数料1往復10ドル(1.0pips分)
スプレッド広い広い狭い
ボーナス3種類3種類1種類
レバレッジ888倍888倍500倍
最低入金額500円500円1万円

ゼロ口座、スタンダード口座、マイクロ口座は、一長一短です。

同じFX業者がいくつもの口座を用意しているのだから、当然といえば当然ですね。

  • ゼロ口座:XMの口座の中では一番スプレッドが狭く、取引のトータルコストはもっとも低い
  • スタンダード口座:スプレッドは広めで、トータルコストは高くなるが、魅力的なボーナスがある(入金ボーナス、XMPボーナスなど)
  • マイクロ口座:スタンダード口座と同じく取引コストは高くなるが、少ないロットで取引できるため、極めて少額から取引したい人に向いている

これらスプレッドや取引手数料など、具体的にどれくらいの違いがあるの見て行きましょう。

 

XMゼロ口座のスプレッドと取引手数料

マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
取引手数料1往復10ドル(1.0pips分)
USDJPY(ドル円)1.6pips1.6pips1.1pips(0.1pips)
EURJPY(ユーロ円)2.6pips2.6pips1.6pips(0.6pips)
GBPJPY(ポンド円)3.5pips3.5pips2.1pips(1.1pips)
AUDJPY(豪ドル円)3.0pips3.0pips1.8pips(0.8pips)
EURUSD(ユーロドル)1.6pips1.6pips1.1pips(0.1pips)
GBPUSD(ポンドドル)2.3pips2.3pips1.4pips(0.4pips)

XMのゼロ口座は、極限まで狭いスプレッドで取引することができます。

ドル円の場合「最小0.1pips」です。

ゼロ口座のスプレッドは非常に狭いですが、スタンダード口座やマイクロ口座では「無料」となっている取引手数料が、ゼロ口座では1ロットあたり10ドル(約1100円)かかってきます。

ゼロ口座では「スプレッド+取引手数料」がかかりますが、トータル的には安くなります。

ドル円のトータルコスト

  • ゼロ口座:スプレッド0.1pips + 取引手数料10ドル(1.0pips相当) = 1.1pips
  • スタンダード口座、マイクロ口座:スプレッド1.6pips(取引手数料は無料) = 1.6pips

このように、ゼロ口座は取引手数料を加えてもトータル的に安くなります。

取引コストだけで考えると、XMのマイクロ口座はスタンダード口座の約3分の2のコストで取引することができます。

 

XMゼロ口座のボーナスは口座開設ボーナスのみ

マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
未入金ボーナス3,000円3,000円3,000円
100%入金ボーナス500ドル(約5万円)まで500ドル(約5万円)まで無し
20%入金ボーナス4,500ドル(約45万円)まで4,500ドル(約45万円)まで無し
ロイヤリティボーナスありありなし

海外FXの最大の魅力の1つはボーナスですが、ゼロ口座は取引コストが優遇されている口座となっています。

コストが低くなればなるほど、FX会社にとってボーナスを配布する余裕がなくなるため、ゼロ口座ではボーナスは控えめです。

  • スタンダード口座、マイクロ口座:入金ボーナス+ロイヤリティボーナス(XMP)+新規口座開設3000円ボーナス
  • ゼロ口座:新規口座開設3000円ボーナスのみ

このようにゼロ口座では、3000円ボーナスのみになってしまいます。

しかし、ゼロ口座のような低コスト口座において、入金せずともスタート時から取引ができるようなボーナスが付与されていることは貴重です。

XMよりもトータルコスト(取引手数料+スプレッド)が低い業者は存在しますが、ボーナス3000円分がもらえるというところが、ゼロ口座の魅力の1つだと言えます。

 

XMゼロ口座のスキャルピング

XMではスキャルピングが認められています。

スキャルピングは短期間で、一気に倍々ゲームで資産を増やしていくチャンスです。

特にXMのハイレバレッジを活かしたスキャルピングはとても魅力的です。

スタンダード口座やマイクロ口座でも認められていますが、スプレッドが狭いのでスキャルピングをするならゼロ口座一択と考えていいでしょう。

 

XMゼロ口座のレバレッジは500倍

XMスタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座
レバレッジ888倍888倍500倍

XMゼロ口座のレバレッジは500倍となっています。

スタンダード口座やマイクロ口座よりも低めですが、海外FX業者のレバレッジは400倍が平均なので、少し高めの設定になります。

ゼロ口座はスタンダード口座のレバレッジには劣りますが、レバレッジ500倍をフルに使って取引することはまずないでしょうから、十分なレバレッジといえるはずです。

 

XMゼロ口座の最低入金額

XMスタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座
最低入金額500円500円1万円

スタンダード口座とマイクロ口座は500円の入金からトレードすることができますが、ゼロ口座は少し高めの1万円から入金が可能です。

ゼロ口座は金額的にも本気度の高い口座となっています。

ただ、スタンダード口座やマイクロ口座に入金してから、ゼロ口座に資金移動すれば500円からでもトレードすることは可能です。

 

XMゼロ口座と他の海外FX業者(低スプレッド口座)を比較

ここからはXMゼロ口座とスプレッドの狭い海外FX業者と比較して行きます。

XMのゼロ口座とTradeview、TitanFX、Axioryと比べて行きましょう。

スプレッド比較

通貨ペアXM
ゼロ口座
Tradeview
ILC・cTrader
TitanFX
ブレード口座
Axiory
ナノスプレッド口座
取引手数料10ドル5ドル7ドル6ドル
ドル円1.1pips(0.1pips)0.6pips(0.1pips)1.03pips(0.33pips)1.1pips(0.5pips)
ユーロ円1.6pips(0.6pips)0.9pips(0.4pips)1.44pips(0.74pips)1.2pips(0.6pips)
ポンド円2.1pips(1.1pips)1.0pips(0.5pips)2.15pips(1.45pips)1.8pips(1.2pips)
豪ドル円1.8pips(0.8pips)1.0pips(0.5pips)1.82pips(1.12pips)1.4pips(0.8pips)
ユーロドル1.1pips(0.1pips)0.6pips(0.1pips)0.9pipso(0.2pips)1.0pips(0.4pips)
ポンドドル1.4pips(0.4pips)1.0pips(0.5pips)1.27pips(0.57pips)1.3pips(0.7pips)

(カッコ内)は取引手数料を含まないスプレッド

スプレッドと取引手数料を比較すると、XMのゼロ口座は取引手数料がかなり高く、Tradeviewの2倍かかります。

スプレッド自体はXMゼロ口座の方が狭いですが、それを無駄にしてしまうほどの取引手数料です。

トータルコストは全体的に負けています。

 
ボーナス比較

XM
ゼロ口座
Tradeview
ILC・cTrader
TitanFX
ブレード口座
Axiory
ナノスプレッド口座
ボーナス口座開設で3000円なしなしなし

スプレッドの狭い海外FX業者はボーナスがないので、XMゼロ口座の3000円ボーナスは嬉しいですね。

3000円で上手く行けば入金なしでトレードすることも可能です。

 
レバレッジ比較

XM
ゼロ口座
Tradeview
ILC・cTrader
TitanFX
ブレード口座
Axiory
ナノスプレッド口座
レバレッジ500倍200~400倍500倍400倍

レバレッジはTitanFXと並んでXMゼロ口座は高めの設定です。

TradeviewのILC口座を選ぶと200倍で低いレバレッジになってしまいます。

レバレッジが高いと必要証拠金が少なくて済むだけでなく、ロスカットされにくい特徴もあります。

 
入金額比較

XM
ゼロ口座
Tradeview
ILC・cTrader
TitanFX
ブレード口座
Axiory
ナノスプレッド口座
最低入金額1万円10万円1円2万円

最低入金額はTitanFXの1円~にはかないませんが、Tradeviewの10万円や、Axioryの2万円よりは安い設定になっています。

もし1万円がちょっと高い場合は、スタンダード口座やマイクロ口座から資金移動すれば500円からトレード可能です。

 
取引プラットフォーム比較

XM
ゼロ口座
Tradeview
ILC・cTrader
TitanFX
ブレード口座
Axiory
ナノスプレッド口座
MT4
MT5×
cTrader××

XMゼロ口座はMT4やMT5には対応していますが、裁量トレードにおすすめのcTraderは取り扱っていません。

cTraderはデフォルトで機能が充実して非常に使いやすい取引プラットフォームです。

この点ではXMゼロ口座は少し不利だと思います。

 

XMのゼロ口座をおすすめしたい人

XMゼロ口座をおすすめしたい人

  • XMの中で一番スプレッドが狭くトレードしたい人
  • 3000円の口座開設ボーナスがほしい人
  • EAを使って狭いスプレッドでトレードしたい人
XMゼロ口座がおすすめではない人

  • 一発逆転のハイレバトレードをしたい人 → スタンダード口座や他のハイレバ業者
  • ボーナスがほしい人 → スタンダード口座や他のボーナス豊富な業者
  • スプレッドをとにかく狭くしたい人 → Tradeview
  • cTraderを使ってスキャルピングやデイトレードをしたい人 → TradevieかAxiory

XMのゼロ口座はスプレッドが狭くボーナスも少し付いたバランスの良い口座です。

XMのスタンダード口座やマイクロ口座をすでに持っていて、スプレッドの狭い口座を作りたい場合はゼロ口座が良いでしょう。

MT4、MT5を含む、XMの使い勝手になれていて、特別に不満がないのであれば、新たな業者を探すほどではないと思います。

また、XMのゼロ口座の最低入金額は100ドルで、低い予算でスキャルピングやデイトレードを始めることもできます。

ただ、スプレッドの狭さを求めるとTradeviewやAxioryなど、もっと狭いスプレッドの海外FX業者があります。

スキャルピングなどで「0.1pipsでも狭くしたい」という人はTradeviewあたりが良いかもしれません。

またXMゼロ口座はcTraderがないので、cTraderを使いたい人はTradeviewかAxioryにしておきましょう。

 

XMのゼロ口座まとめ

ゼロ口座はボーナスの魅力と、取引コストのバランスに優れた取引口座です。

3000円のボーナスがもらえる上、スタンダード口座やマイクロ口座と比べると、スプレッドが0.1pips~と極小になっています。

スキャルピングやデイトレードでの短い時間軸のトレードをXMでするなら、ゼロ口座の一択でしょう。

ただし、AxioryやTradeviewといった、最狭レベルのスプレッドを持つ海外業者に比べると、トータルの取引コストは若干高くなります。

そのため「3000円のボーナスを使って取引をスタートしたい」「しかしスプレッドは狭いほうがいい」という方にゼロ口座をおすすめします。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XM口座タイプの種類と比較・おすすめ口座