XMの両建て – 両建てのメリットと注意点、禁止事項

xm 両建て

「XMって両建てOKなの?」

「XMの両建てが禁止されているケースを知りたい」

「両建てはXMにばれるのか教えてほしい」

このようなXMの両建てのメリットや禁止されている事項、両建てをやってXMにばれるのか?紹介して行きます。

XMの両建ては「同一口座のみ」許可されていますが、同一口座内での両建て手法についてもレクチャーして行きます。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 

スポンサーリンク

XMの両建てとは? 両建てのメリットとトレード手法

XMの両建てとは「同じ通貨ペアの逆ポジションを同じロット数」取ることで、「買い」と「売り」を相殺することです。

「買いと売りが相殺されたら意味がない」と思われがちですが、両建てを取ることでリスクを抑えつつ、利益を狙うトレード手法の一つでもあります。

両建てのやり方は少し難しいので、上級者向けのテクニックとなりますが、知っておいて良いトレード手法です。

 
損失が出た時のヘッジ両建て

トレード中に「ロスカットされそう」なタイミングは必ずあると思います。

「もう少しで上がってくるのに!」と思った時は逆ポジションでエントリーすることで、ロスカットされるのを防ぐことができます。

もし相場が反転すれば利益を上げることができ、そのまま相場が悪くなっても損失が広がることはありません。

 
トレンド待ちの同時両建て

「相場がどちらに動くか分からない」時はエントリーの時に両建てから入ることもあります。

「どちらかは分からないが大きく動く」と読んでいる時は両建てから入り、片方に伸びてくれば反対ポジションを決済して利益を上げることができます。

乱高下するタイミングであれば、買い・売り両方で利益を上げることも可能です。

 
利益確定の両建て

「利益確定したいけど、まだ伸びそうな気がする」そんな時は利益確定の両建ても可能です。

そのまま相場が伸びそうであれば反対ポジションを決済して、さらなる利益を期待することもできます。

反転し始めたら利益を確定してしまっても良いと思います。

 

XMの両建ては証拠金が0(ゼロ)になる

XMの場合は両建てすることで「証拠金0(ゼロ)」となり、「証拠金は0円でOK」ということになります。

海外FX業者の中には「片方のポジション分の証拠金が必要」となるケースも多いですが、XMは両建てすることで証拠金がゼロになります。

ただし、片側のポジションを決済した瞬間に、もう片側の証拠金が必要になります。

片側分の証拠金は必ず入れておいた方が良いでしょう。

 

XMの両建てでもロスカットは起きる

XMで両建てしていても、ロスカットは起こります。

ロスカットされても、そのまま相場が伸びて行けば、利益は増えて行きます。

しかし、乱高下する相場の場合、「買いも売りもロスカットされた」という最悪なケースもあります。

両ポジションロスカットされると損害も大きいので、証拠金は余裕をもって入れておきましょう。

 

XMの両建ては禁止されているのか?禁止されているケース

XMでは「同一口座内の両建ては許可」されていますが、「別口座への両建て」と「別業者での両建て」は禁止されています。

別口座や別業者を使うことで「ボーナスやゼロカットを狙った両建て」が出来てしまいます。

ですのでXMでは「同一口座のみ両建て」がOKとなっています。

 

XMの両建て 同一口座の両建てはOK

XMの同一口座内での両建ては許可されていて、トレード手法として「リスクヘッジ」として使われます。

「両建てって意味がない」という意見も多いですが、トレードのやり方によっては大きな武器になります。

 

XMの両建て 別口座や別業者の両建ては禁止

XMでは別口座や別業者(別のFX業者)を使って両建てをすることは禁止事項となっています。

別口座を使った両建て

XMには「ボーナス」や「ゼロカット」があるため、その特典を悪用したトレードとなってしまうため、XMでは別口座の両建ては禁止されています。

 
別業者を使った両建て

別業者を使った両建ても禁止されています。

XMでは「買い」ポジション、別業者では「売り」ポジションを取ることで両建てすることができます。

「この方法ならバレないんじゃないの?」と思われがちですが、バレる可能性は十分ありますので、後ほど説明して行きます。

 

XMの両建て グループによる別口座・別業者での両建ては禁止

XMの両建ては別の人を使ってグループによる別口座・別業者で両建てする行為も禁止されています。

過去には海外でグループによるアービトラージ集団の逮捕の実績もあるので、止めておきましょう。

 

XMの両建て 特定の通貨をヘッジする両建ては禁止

同じ通貨ぺア以外にも、「特定の通貨をヘッジする両建て」も規約違反になる可能性があります。

例えば「ユーロ円」のポジションを持っている場合、「ユーロドル」の逆ポジションを取ることで両建ての代わりにすることも可能です。

このように「似た動きをする通貨ペア」による逆ポジションを取る両建てには気を付けましょう。

EAなどを回していて、たまたまポジションを保持してしまう程度なら大丈夫ですが、明らかに何度も繰り返すとXMにバレて規約違反となります。

 

XMの両建て 窓埋めや指標トレードの両建ては禁止

窓埋めの両建て、指標トレードの両建ても禁止されています。

窓開け後は戻る可能性も大きいので両建てで利益を上げられる可能性が高いですが、これも禁止されています。

このあたりを狙ったハイレバトレードを繰り返すと、レバレッジが100倍に規制される措置を取られる可能性があります。

気を付けましょう。

 

XMの両建てはばれるのか? 複数のばれないケースを考える

「とは言っても、別業者を使って両建てすれば、バレないんじゃないの?」

という意見も度々あります。

このようなアカウントが紐づいていない両建てがバレるケースは2つあります。

  • ブリッジと呼ばれる海外FX業者とLPの間に入る仲介業者によって
  • MT4などプラットフォームのMQLによって

ブリッジと呼ばれる海外FX業者とLPの間に入る仲介業者によってばれる

海外FX業者は、直接LPに注文を流すのではなく、その間に「ブリッジ」と呼ばれる仲介業者を通すことが多いです。

XMはブリッジ業者を使っていないようですが、プラットフォームによってブリッジ業者を使い分けるケースもあるため、詳細までは不明です。

中小の海外FX業者はブリッジブローカーを通じてLPに注文しています。

ブリッジとして有名なブローカーはisPrime、EBS、PrimeXMあたりが有名です。

2業者を使って両建てした場合、業者の注文先が同じブリッジブローカーを使っていたら「同じ接続サーバー」を使うことになり、これが理由で両建てがばれてしまいます。

 

MT4などプラットフォームのMQLによってばれる

メタクオーツ社のMT4やMT5の場合、異業者を使っていても両建てがばれてしまうようです。

どうやら、MQLのデータベースにトレード記録や顧客情報が残っていて、それを辿ることでトレーダー情報を容易に確認することができます。

手動でチェックが入るか、自動でチェックが入るかは分かりませんが、「あれ?このトレーダー動きが変だな?」と思われたら両建てがばれてしまうかもしれません。

同じプラットフォームを使うことで、両建てがばれやすくなります。

 

このような方法でバレる可能性があります。

また「動きが怪しい場合」や、「特定の2人、もしくは複数人の動き方が一定」の場合、XMの手動による監視が入る可能性も無くはありません。

両建てがバレると大事件&巨額の損害賠償となる可能性もあるので止めておいた方が賢明だと思います。

 

XMの両建てまとめ

同一口座の両建て複数口座での両建て異業者間の両建て
××

XMの両建てについて説明して来ましたが、XMでは「同一口座内での両建て」のみOKとなっています。

禁止事項やバレない方法についても解説しましたが、バレた時が大変なので、異業者の両建ては止めておきましょう。

別口座の両建ては100%バレるので、これも止めておきましょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する