XMの出金方法 銀行・クレジットカードの出金時間と手数料

XMの出金方法について詳しく紹介して行きます。

XMの出金は、マネロン対策のため入金と同じルートを使わないと行けません。

ここでは手数料や出金時間だけでなく、ルートの使い方、利益をどうやって手数料安く出金するか?

拒否された場合、出金できない時の対処のやり方など、出来るだけ分かりやすく紹介して行きます。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 
2分で分かるXMの出金

入金方法を知りたい人はコチラのページを参考にしてください。

XMの入金 – 銀行への入金方法、手数料と入金できない

 

XMの出金方法

出金方法手数料時間利益の出金
クレジットカード無料1週間~2ヶ月入金額まで
Bitwallet824円24時間以内入金額まで
STICPAY600円+出金額の2.5%24時間以内入金額まで
海外銀行送金中継手数料(約2500円)+受取手数料(約2500円)2~5営業日利益の出金可能
BXONE出金額の1%(最低2000円)24時間以内入金額まで

XMの出金方法は5種類あり、一番おすすめの出金方法はBitwalletです。

Bitwalletは手数料が低く、スピードも早いため、総合的に優れています。

クレジットカードは手数料無料で出金できますが、反映されるまでの時間がかかるため、あまりおすすめできません。

利益の出金は「海外銀行送金のみ」になるため、手数料が合計5,000円ほどかかります。

ネット銀行(楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行など)の場合は、合計2,500円ほどの手数料になるため、安く済みます。

 

XM 出金までの時間

出金方法出金までの時間・日数
クレジットカード数日~2ヶ月
デビットカード2週間以内
Bitwallet24時間以内
STICPAY24時間以内
海外銀行送金2~5営業日
BXONE24時間以内

XMに出金申請をしてから着金スピード・時間・日数をまとめました。

入金の時に優秀だったクレジットカードは、着金までに1~2ヶ月ほどの日にちがかかり、一番遅いです。

クレカなどはカードによって締め日や支払い日が変わり、カード会社によって反映される期間が変わって来ます。

(2chを見ていると、カード会社によっては着金までに3ヶ月以上かかった話も・・・)

クレカ出金はいつ出金されるか・どのくらいかかるか分からないので、何日もかからないBitwallet・STICPAY・海外銀行送金が良いでしょう。

(ただ、クレカ出金は手数料がかからないのが魅力ですが)

クレジットカードよりも、デビットカードの方が出金にかかる時間が早いので、デビットカードを使うと良いでしょう。

現在のXMはネッテラー(Neteller)の出金は扱っていません

 
銀行は土日・祝日の休日は着金されずに月曜日になる

銀行送金は土曜日・日曜日などの休日や祝日は処理がされないため、着金が少し遅くなります。

(クリスマス休日・年末年始も休みのため、翌営業日の対応となります)

XMの処理も土日祝は行われず、銀行側の着金処理も平日しか行われません。

平均的には2~5営業日以内に銀行に到着します。

営業時間を過ぎた時は翌日の処理となります。

 

XM 出金手数料

出金方法XM側の手数料受取側の手数料最低出金額出金限度額
クレジットカード無料無料500円入金額と同額まで
Bitwallet無料Bitwalletからの出金は一律824円500円入金額と同額まで
STICPAY無料600円+出金額の2.5%%500円入金額と同額まで
海外銀行送金無料銀行側の中継手数料・受取手数料はかかる(合計5,000円ほど)1万円上限なし
BXONE無料出金額の1%(最低2000円)500円入金額と同額まで

 
銀行送金は中継手数料(仲介手数料)と受取手数料がかかる

銀行送金は中継手数料(リフティングチャージ)と受取手数料が2種類の手数料がかかります。

2つ合わせて5,000円ほどかかります。

  • リフティングチャージ:約2,500円(XM → 中継銀行への送金手数料)
  • 国内銀行の受取手数料:約2,500円(中継銀行 → 国内銀行への送金手数料)

銀行送金は手数料が高いので、頻度・回数を減らしてまとめて出金するようにしましょう。

 
XMの最低出金額は500円(銀行送金は1万円から)

「XMの出金はいくらから可能か?」については、銀行送金は1万円からしか出金できませんが、クレカやBitwalletやビットコイン出金は500円から出金できます。

クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードは手数料がかかりませんが、Bitwalletやビットコインは手数料がかかります。

銀行送金は中継手数料・受取手数料の合計が約5,000円もかかるので、出来るだけまとまった資金を出金するようにしましょう。

 

XM 利益の出金

手数料最低出金額出金限度額
中継手数料(約2500円)、受取手数料(約2500円)1万円上限なし

XMのトレードで出た利益は海外銀行送金のみ対応しています。

以前はBitwalletも利益の出金ができましたが、現在は海外銀行送金のみとなります。

入金分までは、入金したルートで出金できるので、それ以上の出金は海外銀行送金で行いましょう。

海外銀行送金は手数料が高いので、できるだけまとめて出金申請するのがおすすめです。

 

XMの出金方法と手順

ここからはXMの出金方法を手順に沿って詳しく紹介して行きます。

出金手順を画像付き分かりやすく紹介します。

 

XMのクレジットカード出金

手数料最低出金額出金限度額
無料500円入金額と同額まで

クレジットカード出金は入金したクレジットカードにキャンセル返金扱いとなるため、カードを選択する画面はありません。

出金する金額を入力して「リクエスト」をクリックするだけなので、手続きは非常に簡単です。

 
クレジットカードの出金手順

XMの出金画面から「Credit/Debit Cards」を選択します。

※JCBカードの出金はできないので、海外銀行送金を選択することになります。

 

出金額を入力して「リクエスト」をクリックすれば、クレジットカード出金の完了です。

クレジットカード出金は「入金額まで」しか出金できないので注意しましょう。

 
クレジットカード反映までにかかる時間

いろんなサイトや2ch情報を集めて、着金までにかかる時間を調べてみました。

かなり前後はあるようですが、参考にしてください。

反映までにかかる時間

  • 3~4日:ジャパンネット銀行デビットカード・スルガ銀行デビットカード・りそな銀行デビットカード
  • 1週間以内:楽天銀行デビットカード・スルガ銀行クレジットカード・エポスカード
  • 1ヶ月ほど:VISAクレジットカード系
  • 2ヶ月ほど:楽天カード
  • 6ヶ月ほど:三井住友VISAカード

デビットカードは比較的早く返金処理されるようですが、クレジットカードはかなり時間がかかるようです。

クレカ関係は締め日や支払い日の関係もあるため、実際に着金するまでに時間はかなりかかります。

いつまで待っても反映されない場合はXMとクレジット会社に連絡を取りましょう。

 
クレカ出金の問い合わせはカード会社

XMの出金手続きが終わったら、出金されるまでの問い合わせはクレジットカード会社となります。

「出金がいつされるのか?」についてはカード会社に問い合わせましょう。

 
複数のクレジットカードで入金している場合

複数のクレジットカードで入金した場合は、最初に入金したカードから自動的に出金となります。

どのカード会社から出金されるかはXMは自動的に処理をしてくれます。

ただ、カード出金は「入金額と同じ額まで」と決まっているので、入金額を超える出金申請はエラーとなってしまいます。

入金金額が分からなくなった場合はXMのサポートに入金金額を確認して手続きしましょう。

 
JCBカードでの出金はできない

XMはJCBカードで入金した場合、JCBカードでの出金はできず「海外銀行送金」での出金になります。

海外銀行送金での出金は手数料が高いので、VISAカードやマスターカードで入金する方がおすすめです。

 

XMのBitwallet出金

手数料最低出金額出金限度額
Bitwalletからの出金は一律824円500円入金額と同額まで

Bitwalletは入出金の中で「一番注目されている」方法で、出金手数料が比較的安いのが特徴です。

「どんなカードでも入出金」でき、手数料も一律824円なので、海外銀行送金よりも手数料をかなり安く出来ます。

マスターカードなどはBitwallet経由で出金しましょう。

「利益の出金も可能」なので、Bitwalletは必ず登録しておきましょう。

 
Bitwalletの出金手順

XMの出金ページからBitwalletを選択して「出金」をクリックします。

 

Bitwallet口座のメールアドレスを確認し、出金額を入力して「リクエスト」をクリックします。

これで「成功」と表示されればBitwallet出金の完了です。

 

XMのSTICPAY出金

手数料最低出金額出金限度額
600円+出金額の2.5%500円入金額と同額まで

STICPAYはBitwalletと同じような決済サービスで、入金はさまざまなクレジットカードが使えるため便利です。

XMにクレジットカード入金できない場合はSTICPAYを使うのがおすすめです。

出金は600円+出金額の2.5%とBitwalletよりは高くなります。

(その分、クレジットカード入金は手数料が安いです)

クレジットカード入金可能なのがメリットなので、登録しておくと良いでしょう。

 
STICPAYの出金手順

XMの出金ページから「STICPAY」を選択します。

 

出金額を入力し、チェックを入れて「リクエスト」を選択します。

XMのSTICPAY出金はこれで完了です。

 

XMの海外銀行送金

手数料最低出金額出金限度額
銀行側の中継手数料・受取手数料はかかる(合計5,000円ほど)1万円上限なし

海外銀行送金は手数料が非常にかかるため通常ではあまり使いませんが、「利益の出金」は海外銀行送金でしか出金できないため、利益が出る場合はよく使います。

金額に関わらず手数料がかかるため、できるだけ金額をまとめて出金するようにしましょう。

 
ネット銀行は手数料が安くなる

楽天銀行やソニー銀行、住信SBIネット銀行は手数料が合計2500円ほどになり、通常の5000円の半額ほどで出金することができます。

私は住信SBIネット銀行とソニー銀行で出金していますが、SBI銀行:2500円、ソニー銀行:20ドル(ドル出金)の手数料で出金できています。

楽天銀行も手数料が安いので、これらのネット銀行を使って出金するようにしましょう。

 
xm 銀行出金の手順

受取人のお名前・受取人の住所は英語で入力するようにしましょう。

「受取人の銀行口座番号/IBAN」は、あなたの銀行口座番号を入力しましょう。

IBANとは「International Bank Account Number」のことで、欧州を中心に使用されているコードです。

ここではIBANは無視して、銀行口座番号のみを入力しましょう。

 
銀行の所在地の書き方

出金にはSWIFTコードと銀行の所在地(出金する支店の住所)・支店コードが必要なので、入力は少し面倒です。

【記入例】三菱UFJ銀行 青山支店
銀行名:BANK OF TOKYO MITSUBISHI UFJ(MUFG BANK)
SWIFTコード:BOTKJPJT
銀行所在地:3-6-1, Kitaaoyama, Minato-ku, Tokyo, 107-0061, Japan
支店名:Aoyama-Branch
支店コード:608

住所をローマ字に変換してくれるサイトもあります。

住所ローマ字変換サイト

 
海外からの着金に対応していない銀行(出金拒否される銀行)

海外からの着金に対応していない銀行は「SWIFTコードを発行しているかどうか」で判断しましょう。

地方銀行や信用金庫でもSWIFTコードを発行していることが多いため、ほとんどの銀行で出金は可能です。

海外送金を受け入れていない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • みずほ銀行【インターネット支店のみNG】

これらの銀行からは振り込まないようにしましょう。

対応銀行はSWIFTコードを発行しているかどうかで判断する

SWIFTコードを発行していれば、どんな銀行からでも振込OKです。

メガバンク:三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・スルガ銀行
ネットバンク(ネットバンキング):楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・ソニー銀行など

SWIFTコードを確認する

 
仲介銀行は未記入でOK

仲介銀行は基本的に入力しなくてOKです。

ルートはXMが自動的に最適ルートで出金してくれます。

仲介銀行を入力すると、逆にルートが長くなって手数料がかかることがあります。

 
着金時に銀行から電話がかかることがある

海外からの送金は、銀行から確認電話が鳴ります。

送金理由を聞かれた時は「FXの利益です」と普通に答えればOKです。

毎回電話がかかるのが面倒なので、電話の入らないネット銀行に出金すると良いです。

 

XM出金の注意点

XM出金の注意点を紹介します。

知らずに出金しようとしてエラーとなり「出金拒否された!」とならないように、あらかじめ知っておくと良いです。

 
XMの出金は証拠金維持率150%以内にする

ポジションを持っている場合、証拠金維持率150%以上が条件で出金することができます。

含み損などで証拠金維持率150%以下の場合は出金することができませんので、どうしても出金したい時はポジションを決済してからの出金となります。

 
XMの出金は入金と同じ方法を使う

出金にはルールがあり、マネーロンダリング防止のため、入金と同じルートを使わなくてはいけない仕組みです。

入金した順番で出金しなくてはならず、違うルートを使いたくても優先順位が決まっています。

入金する時は出金のことも考えて入金するようにしましょう。

 
XMは出金すると同じ割合のボーナスが消滅する

XMのボーナスが残っている場合、出金すると同じ割合のボーナスが消滅します。

(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤリティボーナス全て消滅)

例①:口座に残高が10万円、クレジットボーナスが2万円ある状態

5万円出金依頼した場合 → ボーナスは2万円の50%(1万円)が消滅する

例②:口座に残高が50万円、クレジットボーナスが2万円ある状態

5万円出金依頼した場合 → ボーナスは2万円の10%(2千円)が消滅する

口座に残っている残高が多いほど、ボーナスが減る金額が少なくなります。

ボーナスが残っている場合は、「ちょこちょこ出金」は控えておいて、一気に出金するのが良いです。

(トレードは少額で出来るように、複数口座作っておきましょう)

 

XMの出金方法まとめ

出金方法手数料時間利益の出金
クレジットカード無料1週間~2ヶ月入金額まで
Bitwallet824円24時間以内入金額まで
STICPAY600円+出金額の2.5%24時間以内入金額まで
海外銀行送金中継手数料(約2500円)+受取手数料(約2500円)2~5営業日利益の出金可能
BXONE出金額の1%(最低2000円)24時間以内入金額まで

XM出金の注意点を紹介して来ました。

出金はルートを気にしなくては行けませんが、出来るだけ手数料を安く、時間をかけずに出金できるように工夫しましょう。

クレカよりもデビットの方が出金にかかる時間が早いです。デビットカードはいくつか持っておくと良いでしょう。

XMは口座開設で3000円のボーナスがもらえます。ぜひ3000円を使ってトレードをしてみましょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 
【関連記事】