XMキャッシュバック口座開設 – キャッシュバック口座とボーナス口座

xm キャッシュバック

「XMのキャッシュバックって何?」

「ボーナス口座とキャッシュバック口座はどちらが良いの?」

「おすすめのキャッシュバックサイトを教えてほしい」

XMのロイヤリティボーナス以外にも「キャッシュバックサイト」を経由してXMに口座開設することによって、トレードごとにキャッシュバック金を受け取ることができます。

追加口座も可能なので、既にXMに口座開設している人でもキャッシュバックサイトを使うことができます。

このページではXMのロイヤリティボーナスとキャッシュバックサイトのキャッシュバック金を比較して行こうと思います。

XMのゼロ口座はキャッシュバックサイトを経由した方が絶対的にお得です。

XMで3000円ボーナスを獲得する

関連記事:XMのボーナス – ボーナスの受け取り方・入金ボーナスと出金

 

スポンサーリンク

XMのキャッシュバックとは?

XMでは取引数に応じて、1ロットで〇ドルというキャッシュバック金を受け取ることが出来るサイトがあります。

この「キャッシュバックサイト」に登録してから、キャッシュバックサイトを経由して海外のFX業者に口座を開設すると、キャッシュバックを受けることができます。

キャッシュバックサイトは、海外FX業者とIB(Introducing Broker)という契約をし、海外FX業者の広告を出して口座開設に結び付いたロット数に応じて報酬を受け取っています。

この報酬からキャッシュバックとして口座を開設した皆さんに還元される仕組みになっています。

自分で見つけた海外FX業者に直接口座開設をすることもできますが、せっかくなのでキャッシュバックサイトを経由した口座を作ってから取引し、取引するごとにキャッシュバック金を受け取りましょう。

キャッシュバックサイト経由の口座では、だいたい1ロットで1ドルから8ドルほどになり、日本円で考えると800円ほど還元されることになります。

pipsでいうとスプレッドから0.8pipsを差し引いたと想定すれば、なかなか良い還元率であると言えるでしょう。

スキャルピングやデイトレードなど取引回数の多い方はキャッシュバックサイト経由での口座を使うのがおすすめです。

XMもその対象で、キャッシュバックサイトに登録して口座を作ると口座の種類に応じて取引毎に1ロットで4ドルから8ドルほどのキャッシュバックが受け取れます。

 

XMのキャッシュバックのメリット

1.トレードごとのキャッシュバック金がもらえ、実際に出金することができる

キャッシュバックされた分は銀行口座へ送金されるため、口座にクレジットされるボーナスとは違い現金として確実に受け取ることが出来ます。

ボーナスはその後の取引資金となって相場次第で金額の増減リスクがありますが、キャッシュバックはその都度現金として確定しています。

また、もともとボーナスのない、XM(ゼロ口座)、Axiory、TitanFX、Tradeview、などの取引では、特にキャッシュバックを利用した方がいいと言えます。

すでに口座を持っている方は、同じ会社での追加口座をキャッシュバックサイトを通じて開設することもできます。

XMでは複数口座(8口座まで)を保有できますので、両方開設し用途に応じて使い分けて使うことも可能です。

2.キャッシュバック率はキャッシュバックサイトの方が高い

口座開設ボーナスや入金ボーナスに比べ、キャッシュバックは同一資金に対して取引の回数分もらえます。

また取引に応じてもらえるポイントはボーナスに換金できますが、還元率はキャッシュバックの方がよくなっています。

 

XMのキャッシュバックのデメリット

1.直接XMに口座を持つよりボーナス面では不利

キャッシュバックサイトを経由した口座では、XMで独自の口座開設ボーナスや入金ボーナスが対象外となりますので、どちらを受け取るべきかよく検討しましょう。

2.個人情報や銀行口座情報の提供が必要

キャッシュバックサイト経由で口座を作る際、一度口座開設をしてあるFX会社に追加でキャッシュバック用の口座を作る場合であっても、改めてキャッシュバックサイトに口座開設の個人情報などを登録する必要があります。

信用できるIB業者かどうかをよく確認する必要があります。

 

XMのキャッシュバック口座とボーナス口座の比較

XMに直接口座開設する「ボーナス口座」と、キャッシュバックサイトを経由して口座開設する「キャッシュバック口座」のキャッシュバック金を比較して行きます。

【ロイヤリティーステータスごとのキャッシュバック金とキャッシュバックサイトとの比較】

エグゼクティブエリートキャッシュバックサイト
マイクロ口座3.3ドル(10XMP)6.6ドル(20XMP)8ドル
スタンダード口座3.3ドル(10XMP)6.6ドル(20XMP)8ドル
Zero口座4ドル

XMに直接、口座開設するボーナス口座よりも、キャッシュバックサイト経由の「キャッシュバック口座」の方がキャッシュバック率が高いです。

特にゼロ口座の場合、ボーナス口座は一切キャッシュバックがありませんが、キャッシュバック口座は1ロット4ドルのキャッシュバックがあります。

XMのスタンダード口座やマイクロ口座は、入金ボーナスやロイヤリティボーナスもあるので、直接登録のボーナス口座の方が良いかもしれません。

しかしゼロ口座はキャッシュバックサイト経由の方が絶対的に有利なので、キャッシュバックサイトを経由して口座開設するようにしましょう。

XMでは8つまで口座を保有することが可能ですので「XMに直接作った口座」に「キャッシュバックサイト経由の口座」を追加口座して、両方の口座を使い分けることもできます。

 

XMのキャッシュバックサイトはどこがおすすめ?

XMを取り扱っているキャッシュバックサイトは複数ありますが、キャッシュバック率が良く、換金の条件も良いキャッシュバックサイトを2つ紹介して行きます。

このどちらかに登録しておくと良いでしょう。

 
海外FXのキャッシュバック TariTali(タリタリ)

マイクロ・スタンダード口座Zero口座最低出金額振込手数料
8ドル4ドル1,500円無料

TariTali(タリタリ)はキャッシュバック率の高さが評判のサイトで、資金の受け取りまでも他に比べてだいぶ早く、とても人気が高いです。

Bitwalletにも対応しているので、そのままトレードしたい人はBitwalletに換金することもできます。

キャッシュバック率は業界で一番高く、XMのボーナス口座よりも高いキャッシュバックを誇ります。

XMのゼロ口座はもともとボーナス対象外でポイントも付きませんが、キャッシュバック口座では1ロット4ドルのキャッシュバックが発生しますので、ゼロ口座はTariTaliを経由することをおすすめします。

ゼロ口座はスキャルピングに向いている口座ですが、キャッシュバック口座でも取引が5分以内に決済された場合はキャッシュバックがもらえませんので、注意が必要です。

TariTaliの詳細を見る

 

海外FXのキャッシュバック FX RoyalCachBack(FXロイヤルキャッシュバック)

マイクロ・スタンダード口座Zero口座最低出金額振込手数料
8ドル4ドル5,000円無料

TariTali以外のキャッシュバックサイトでは、FX RoyalCachBack(FXロイヤルキャッシュバック)も人気でキャッシュバック率もTariTaliと同じです。

FX RoyalCachBackは「XMT、TitanFX、AXIORY、MyfxMarkets」の4業者に対しては独自のキャンペーンで「口座開設+10ロットの取引」で1万円のキャッシュバックを上乗せしています。

振込手数料はTariTaliと同じく無料ですが、最低出金額はTariTali では1,500円からのところ、ロイヤルキャッシュバックでは5千円からで、振込む場合は手動での申請が必要となります。

振込実施日も「3営業日以内」となっているので、資金受取に関してはTariTaliよりも時間や手間はかかります。

XMでは追加入金にBitwalletの扱いもあるので、そのまま取引に使用したい場合はTariTaliでBitwalletに換金して使うことができます。

出金の速さでは「TariTali」の方がだいぶ使い勝手が良いと言えます。

FX RoyalCachBackの詳細を見る

 
主要キャッシュバックサイト比較

キャッシュバックサイトで人気の6業者のキャッシュバック金額や最低換金額、振込み手数料を比較して行きます。

TariTaliやFX RoyalCachBack以外にもMillionCashBackも同じくキャッシュバック率が高いです。

※赤い太字は一番キャッシュバック率が良い業者

口座タイプTariTaliFXRoyalCachBackFinaCashBackキャッシュバックビクトリーMillionCashBackCASHBACKFOREX
マイクロ口座・スタンダード口座8ドル(0.8pips)8ドル(0.8pips)6ドル(0.6pips)6.5ドル(0.65pips)8ドル(0.8pips)5.5ドル(0.55pips)
Zero口座4ドル(0.4pips)4ドル(0.4pips)3ドル(0.3pips)4ドル(0.4pips)2.2ドル(0.22pips)
TariTaliFXRoyalCachBackFinaCashBackキャッシュバックビクトリーMillionCashBackCASHBACKFOREX
最低換金額1500円5000円5000円5000円1500円銀行200ドル、その他10ドル
振込手数料無料無料無料500円無料PAYPAL無料、振込40ドル

比較するとTariTaliのキャッシュバック率が高く、最低出金額も1500円から、手数料もかからないのでおすすめです。

TariTaliは私も使っていますが、しっかりとキャッシュバック金を受け取っているので安心して使うことができます。

また、FX RoyalCachBackもキャッシュバック金を受け取っているので問題ないでしょう。

キャッシュバックサイトの中にはキャッシュバック金を受け取れないトラブルのある悪質なキャッシュバックサイトも存在します。

上の6業者以外は使わない方が良いと思います。

 

[XMのキャッシュバック] オートリベートとは?

キャッシュバックされた資金は通常、XMからキャッシュバックサイトを経由して顧客の口座に支払われます。

まずはキャッシュバックサイトに銀行口座情報を登録し、資金を受け取る際にはわざわざ振込申請をしなければなりません。

TariTaliは定期的に自動で振り込む機能があり振込手数料も無料で行えますが、毎月1回のみなので受取るまでに時間はかかります。

そこで、おすすめしたいのが「オートリベート」という機能を使うことです。

オートリベートとは、登録銀行口座へ送金するのではなく、XMの取引口座に直接キャッシュバック分が入ってくる仕組みです。

支払いは毎週2回あります。

  • 火曜日~木曜日 → 翌週の火曜日に入る
  • 金曜日・翌週の月曜日 → 次の木曜日に入る

このように支払いが早いのでオートリベートも便利です。

 

オートリベートのメリット

1.XMから直接支払われるのでキャッシュバックの受取が早くなる

XMオートリベートでは、振込申請をしなくても取引から一週間以内に自動で支払いが行われます。

これにより、キャッシュバック口座からの出金が早くなり、資金受取も銀行送金より早く入金されるので、保有金の管理がわかりやすいです。

資金移動の空白期間も減らせるので効率よく取引に使えるようになります。

2.銀行口座や個人情報などを新たに登録する必要が無い

オートリベートであれば、XM内で資金移動が完結するので、IBへの金融機関情報の提供は不要です。

銀行口座などプライべートな情報はなるべく多用しない方がより安心です。

3.資金の扱いに安全性が保たれる

オートリベートでは、キャッシュバック分の支払いをXMが処理するので、IBを経由するような資金の外部出金が不要です。

つまり、入出金ともXMで完結するので、途中で金額を不正に減らされたり中間業者による持ち逃げなどのリスクがなく、また取引履歴が明確にわかるので安全性が非常に高いです。

 

オートリベートのデメリット

一方で、TariTaliでXMのオートリベートを使ったデメリットもあります。

1.出金に応じてクレジットボーナスが減額する

オートリベートで受け取ったキャッシュバックは元の保有資金と同扱いになるので、銀行やbitwalletに出金すると残高の割合に応じてクレジットボーナスが減額します。

トレードでたまったXMポイントを交換したクレジットボーナスでも同様の扱いになるため、出金の際は注意が必要です。

2.ロスカットで残高が減る

オートリベートで受け取ったキャッシュバックは自己資金の追加入金として残高とまとめて管理されるため、タイミングによってはロスカットに巻き込まれ相殺されてしまうリスクもあります。

ハイレバトレードを行う方にはあまりおすすめできません。

3.出金するには手数料がかかる

オートリベートでXMの口座に入ってきてしまうと、取引口座から出金したいという場合には電信送金扱いになるので3000円から5000円ほどの送金手数料がかかってしまいます。

TariTaliでの登録であれば無料で振込が行えるところ余分な費用となりますので、オートリベートを使うならキャッシュバックは出金しないつもりでいるのがよいでしょう。

 

XMのキャッシュバックまとめ

ここまでXMでのキャッシュバック口座についてご説明しましたが、ボーナスのないゼロ口座ではキャッシュバックサイトを使って口座開設するのがおすすめです。

キャッシュバックサイトのTariTaliを使えばキャッシュバック率が非常に高く、キャッシュバックも確実にしてくれます。

人気も高く長く実績のあるサイトなので安心して使うことが出来ます。

なかには、怪しいキャッシュバックサイトやキャッシュバックを語る詐欺業者もあり、出金拒否されたり金額を不正に操作されたりするトラブルもあります。

また、キャッシュバック口座でスプレッドが広がる(マークアップされる)業者があるなどというウワサもあります。

キャッシュバック率にばかり注目せず、条件や支払い環境をよく確認し、信用できるサイトかをどうかをよく確認して利用しましょう。

TariTaliの詳細を見る

関連記事:XMの評判・口コミ