XMのビットコイン(BTC)・仮想通貨の取引

XMでのビットコイン・仮想通貨取引について紹介していきます。

XMではビットコインの取り扱いを停止しています。

ここでは既に保有しているビットコインの取り扱いや、取引停止前の概要や方法について詳しく解説していきます。

XMで仮想通貨の取引が再開された場合の参考となるでしょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 

XM ビットコインを取引停止

XMではビットコインを含む仮想通貨FXの取引を、2019年10月より全て停止しています。

但し2019年9月以前から保有しているビットコインの決済は現在も受付可能です。

XMがビットコインを含む仮想通貨取引を停止した理由は以下の通りです。

  • 信頼性の高いリクイディティープロバイダーが存在せずリスクが大きすぎる
  • ボラティリティが高すぎるためお客様への損失拡大が懸念される

これらの理由はXMでのビットコイン取引停止時のお知らせとして当時告示されたものです。

ビットコインは円やドルのような通貨とは異なり、各国の金融機関で取り扱いがありません。

ビットコインの価値を高い信頼性で提供してくれる金融機関が存在しないのです。

以上の事からXMは健全なサービス提供に支障が生じ、会社にもユーザーにもリスクが高いと判断したため、ビットコインを含む仮想通貨全ての取引を停止したと思われます。

この理由でXMが仮想通貨から撤退したのであれば、当面取引再開はないと言えるでしょう。

 

XM ビットコイン(仮想通貨FX)の取引について

XMでのビットコイン取引について、停止前の内容を紹介します。

  • 仮想通貨を保有しないため、ウォレットは不要
  • 海外FXの通貨同様買いポジションと売りポジションが存在する
  • レバレッジをかけられる

以上3つが大きな特徴です。

XMのビットコインは通常の仮想通貨取引ではなく「仮想通貨FX」です。

実際は取引のない「仮想通貨の値動きを取引するCFD取引」のため、ウォレットは必要ありません。

そのため海外FXの通貨取引と同じように、買いポジションのみでなく売りポジションでのエントリーが可能です。

レバレッジがかけられますが、海外FXのようなハイレバレッジには対応しておらず、XMでは最大5倍までのレバレッジとなっています。

XMでのビットコイン取引について更に詳しく見ていきましょう。

 

XM ビットコインのレバレッジと証拠金

XMのビットコインのレバレッジと証拠金について詳しく解説します。

仮想通貨FXは段階式レバレッジ方式が採用されており、取引数量に応じてレバレッジ・証拠金が異なります。

取引ロット数段階式証拠金レバレッジ
0~3 ロット20%5倍
3~5 ロット30%3.3倍
5~7 ロット50%2倍
7 ロット以上100%1倍

ロット数が上昇するにつれて必要証拠金率は上昇していき、かけることのできるレバレッジも制限されていきます。

7ロット以上では必要証拠金率は100%となるため、レバレッジは実質的にはかけることができなくなります。

 

XM ビットコインのスプレッド

XMのビットコインのスプレッドはとても広いです。

通貨スプレッド(ポイント)スプレッド(円)手数料比率
ビットコイン(BTC/USD)60ポイント¥8,700円1.3%

※ポイントは対ドルです。

表はXMでビットコインの取り扱いがある当時のデータを例にしたものですが、相場変動により変わるため参考程度としてください。

1ビットコインの取引1回毎に手数料¥8,700円もかかります。

エントリーした時点で¥8,700円のマイナススタートですから、XMのビットコインはスプレッドがいかに広いかお分かりいただけると思います。

 

XM ビットコインのスワップポイント

通貨ロングスワップ(ドル)ショートスワップ(ドル)
ビットコイン(BTC/USD)-25-10

XMのビットコインはスワップポイントがとても高く、ロング・ショートともにマイナススワップとなります。

ビットコインに限らず仮想通貨FXのスワップポイントは総じて高くなっています。

もしビットコインをロングポジションで保有している場合、1日あたり25ドル(¥2,675円)のマイナスです。

ショートでも1日あたり10ドル(¥1,070円)のマイナスになりますから、長期保有をせずスキャルピングが良いでしょう。

 

XM ビットコインの取引サイズ

最小取引サイズ最大取引サイズ
ビットコイン0.01~0.1ロット1~60ロット

ビットコインの取引サイズについて、過去事例をまとめました。

ビットコインの取引サイズは、価格変動に応じて大きく変動します。

XMでの取引が再開された際には、同じ内容とは限りません。

 

XM ビットコインはMT5のみ

XMでのビットコインを含む仮想通貨FXは、MT5でのみ取引を行うことができます。

MT4では仮想通貨FXは取引できません。

既にMT4の口座を持っている場合は追加認証をする必要がないので、すぐにMT5で口座を開設することができます。

 

XM ビットコインの取引時間

XMのビットコイン取引時間:平日24時間(土日は不可)

XMのビットコインを含む仮想通貨FXの取引時間は平日の24時間のみとなります。

土日は取引ができないので、金曜日にポジションを持ったままの場合には注意が必要です。

月曜日はボラティリティが高くなる傾向にあるので、金曜日にはポジションを閉じておくと安心です。

 

XM ビットコイン以外の仮想通貨

XMではビットコイン以外の仮想通貨も仮想通貨FXによる取引が可能でした。

しかし他の仮想通貨もビットコインと同タイミングで取り扱い停止となっています。

ビットコイン以外の仮想通貨の取引概要を以下にまとめます。

 
ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ
必要証拠金段階式(20~100%)
スプレッド変動制
最小取引サイズ0.01~0.1ロット
最大取引サイズ5~70ロット
買いスワップ-25
売りスワップ-10

 
イーサリアム

イーサリアム
必要証拠金段階式(20~100%)
スプレッド変動制
最小取引サイズ0.1~0.5ロット
最大取引サイズ20~70ロット
買いスワップ-25
売りスワップ-10

 
ライトコイン

ライトコイン
必要証拠金段階式(20~100%)
スプレッド変動制
最小取引サイズ0.1~1ロット
最大取引サイズ1~260ロット
買いスワップ-25
売りスワップ-10

 
リップル

リップル
必要証拠金段階式(20~100%)
スプレッド変動制
最小取引サイズ0.1~0.3ロット
最大取引サイズ25~30ロット
買いスワップ-25
売りスワップ-10

各仮想通貨とも相場に応じて変動する項目ばかりです。

ライトコインやイーサリアムはビットコインに比べ取引サイズが大きいですが、それ以外はビットコインとほとんど変わらない条件となっています。

 

XM ビットコインの取引手順

XMでのビットコイン取引手順を紹介します。

XMのビットコイン取引手順

  1. XMでMT5口座を開設する
  2. MT5をインストールする
  3. MT5で「気配値欄」にビットコイン(仮想通貨)を追加する
  4. 「BTCUSD」上で右クリック→「チャートウインドウ」をクリックする
スマホ版MT5の操作方法

  1. XMでMT5口座を開設する
  2. スマホ版MT5をインストールする
  3. 気配値画面右上の「+」をタップ→シンボル追加画面で「Cryptocurrencies」をタップ
  4. BTCUSDの左側の「+」をタップで追加→完了

XMでMT5によるビットコイン取引の手順は以上の通りです。

MT5での気配値表示・チャート表示・注文方法について詳しく見ていきましょう。

 

XM ビットコイン(BTC/USD)気配値表示

上の画像のように+をクリックしてビットコインの「BTCUSD」と入力します。これだけで気配値の追加は完了です。

仮想通貨FXは基本的に仮想通貨/米ドルのペアです。

XM内での表示金額は米ドル基準になっています。

 

XM ビットコインのチャート表示方法

気配値欄に表示した「BTCUSD」上で右クリックするとメニューが表示されます。

「チャットウィンドウ」をクリックするとビットコインのチャートが表示されます。

初期値では1時間足のビットコインチャートとなっています。

 

XM ビットコイン注文方法

XMでのビットコイン注文方法は「成行注文」と「指値注文」の2つです。

成行注文:現在価格ですぐに売買したい場合
指値注文:希望する価格で売買したい場合

成行注文ではトレーダーの注文が必ず市場価格で決済されるため、リクオートはありませんが、スリッページの可能性はあります。

指値注文には以下6種類の指値注文タイプが存在します。

注文タイプ意味用途
Buy Limit買い指値注文現在価格より安く買いたい
Sell Limit売り指値注文現在価格より高く売りたい
Buy Stop逆買い指値注文現在価格より高く買いたい
Sell Stop逆売り指値注文現在価格より安く売りたい
Buy Stop Limit押し目買いの自動注文上ブレイク後の押し目で買いたい
Sell Stop Limit戻り売りの自動注文下ブレイク後の戻りで売りたい

「Buy Stop」と「Sell Stop」は少し特殊です。

ブレイク前の予兆から、ブレイクした場合の押し目を想定してエントリーする際に使用するものです。

使うシーンは限られますが、レンジ相場では有効な注文方法の1つです。

 

XMのビットコインまとめ

XMのビットコインについて、他の仮想通貨と併せて詳しく紹介しました。

XMでビットコイン取り扱い再開のメドは立っておらず、今後再開される可能性はとても低いでしょう。

仮想通貨取引を目的とする場合、他サービスを利用するしかありませんが、もし再開された場合は過去の取引概要と比較してみると良いでしょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 
【関連記事】