XMの日経225取引のレバレッジやスプレッドと必要証拠金

XMの日経225取引のレバレッジやスプレッドについて詳しく紹介していきます。

XMは海外業者ですが、日経225(日経平均株価)も取り扱っています。

ここではXMの日経225取引のレバレッジやスプレッド、必要証拠金について詳しく解説します。

国内証券会社に比べXMは投資効率が良いため、日経225の取引もしやすいです。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 

XM 日経225の特徴

レバレッジスプレッド最低ロット数
XM200倍広い1ロット

XMの日経225の特徴は、「レバレッジ200倍・1ロットから取引可能」の2つです。

XMでの日経225取引は金銭的な負担が少なく、日常的に情報を得やすいため、初心者にもおすすめです。

国内FXで日経225を買おうとすると「日経225先物」や「日経225ETF」などがあります。

「日経225先物」はレバレッジがかけられますが、「日経225ETF」はレバレッジがないため、資金効率としては不利になります。

XMは国内FXよりも高いレバレッジで取引することができるため、大きな利益を期待できるのがメリットです。

 

XMの日経225は1ロットから取引できる

XMの日経225現物では1ロットからの取引ができます。

最大ロット数は12,500なので大きな取引も可能ですから、とても幅広く対応しています。

国内業者と最低ロット数を比較してみましょう。

XM日経先物ラージ日経先物ミニ
最低ロット1ロット1000ロット100ロット

低ロットで有名な日経先物ミニですら、最低100ロットからとなっています。

XMの最低ロットがいかに低いか一目瞭然でしょう。

日経平均が2万円の場合
XM:1ロット2万円から購入可能
日経先物ラージ:1000ロット2000万円から購入可能
日経先物ミニ:100ロット200万円から購入可能
※レバレッジ1倍の場合

レバレッジをかけることで、もっと小さな金額で購入することが可能ですが、XMは小さい金額で取引を行うことが可能です。

 

XM 日経225の現物と先物の違い

限月(有効期限)スプレッドスワップ配当金
現物取引期限なし狭い両方ともマイナスあり(売りの場合はマイナス)
先物取引期限あり広いなしなし

XMの日経225は2種類あり、現物取引と先物取引があります。

先物取引は、限月があって取引できる有効期限(限月)が決められているので、2~3か月ほどの取引期間となります。

限月を迎えると強制的に決済されることになります。

MT4の通貨名の後ろに期限が書いてある

現物取引は「有効期限(限月)なし・スプレッドが狭い・スワップポイントや配当がある」のが特徴で、スワップポイントと配当金は総合するとマイナスになります。

先物取引は「有効期限(限月)あり・スプレッドが広い・スワップポイントや配当がない」のが特徴となり、2~3ヶ月以内の短期取引向けとなります。

どちらが良いか考えると、現物取引の方が有効期限がないので、現物で取引するのが良いでしょう。

先物はスワップポイントや配当がないですが、その分、スプレッドが広いので、現物とかかるコストは変わりません。

 

XM 日経225をMT4で表示


XMの日経225をMT4で表示したものです。

「JP225Cash」が日経225現物を、「JP225-MAR20」が日経225先物を意味します。

日経225現物日経225先物
MT4表記JP225CashJP225-(買取の日付)

日経225先物は末尾に日付が入るため、JP225-以降は毎回異なります。

 

XM 日経225のレバレッジ

XMの日経225のレバレッジは国内証券会社と比べ、とても高いです。

XM日経先物ラージ日経先物ミニ
レバレッジ200倍10倍10倍

国内証券会社の日経先物ラージと日経先物ミニは共に10倍なのに対して、XMでは200倍までレバレッジをかけることができます。

レバレッジ200倍であれば、少ない証拠金でトレードすることができ、同じ証拠金を入金した場合はロスカットされにくくなるのでおすすめです。

XMはロスカット水準「20%」があるので、強制ロスカットされにくい特徴があります。

また、XMはゼロカット(追証なし)になっているため、万が一の急落の時でも国内FXのように追証請求されることがありません。

 

XM 日経225の必要証拠金

XMでの日経225の必要証拠金は、日経が2万円の場合、1ロット100円から購入することができます。

必要証拠金ギリギリで買うと、すぐにロスカットされる可能性があるため、余裕を持って資金を入れておきましょう。

日経平均2万円の場合XM日経先物ラージ日経先物ミニ
必要証拠金100円(1ロット)200万円(1000ロット)20万円(100ロット)

国内FXでは日経先物ミニを購入する場合でも20万円ほどの資金が必要になります。

これを考えるとXMは少ない資金から日経225を購入することができ、高いレバレッジで取引できるのが良いところです。

 
必要証拠金の算出方法

1ロット購入する時の必要証拠金
日経225の価格(例:20,000円) × 1ロット =20,000円
20,000円 ÷ レバレッジ200倍 = 100円

必要証拠金を計算する方法はこのように求めることができます。

必要証拠金はギリギリで購入すると、すぐロスカットされてしまうので、十分注意しましょう。

日経も大きければ1日で500円など変わる日も多いです。

証拠金維持率は500倍~1000倍は最低ラインだと思った方が良いでしょう。

 

XM 日経225のスプレッド

XMでの日経225のスプレッドを表にまとめました。

XM 現物XM 先物日経先物ラージ日経先物ミニ
スプレッド1.2pips2.4pips0.25pips0.035pips

XMのスプレッドは国内FXよりも広く、5倍~35倍近くのスプレッドとなります。

取引コストで考えるとXMはかなり不利な立場になり、1回あたりの利益が小さい取引をする場合は、国内FXの方が有利になります。

しかし、レバレッジを活かした1回の利益を大きく狙う場合は、XMでも十分利益を狙えます。

 

XM 日経225のスワップポイント

XMでの日経225のスワップポイントは以下の通りです。

  • 日経225先物ではスワップポイントなし
  • 日経225現物では「買い」「売り」両方ともマイナススワップが発生

このように日経225現物では買いポジション、売りポジション問わずマイナススワップとなります。

買いポジション、売りポジションそれぞれのマイナススワップは以下の通りです。

買いスワップ売りスワップ
スワップポイント-185円(-1.85ポイント)-198円(-1.98ポイント)

 
XMでは日経225現物でのみ配当金があります。

日経225現物日経225先物
配当金ありなし

配当金は買いポジションのみプラス収支、売りポジションであればマイナス収支となります。

日経225で取引をする上でスワップポイントと配当によるマイナス収支は付き物となります。

日経225現物の「買い」の場合でも、配当金よりもマイナススワップの方が大きくなります。

日経225現物は保有している期間が長ければ長いほど、保有コストがかかってきます。

もし、マイナススワップは配当金の支出が気になる場合は、先物でトレードしましょう。

 

XMの日経225は稼ぎやすい(まとめ)

XMの日経225取引のレバレッジやスプレッドについて詳しく解説しました。

XMの日経225は最低1ロット(100円)から取引可能なので始めやすく、レバレッジは200倍のため大きな取引がしやすいです。

海外証券会社ならではのゼロカットにより、リスク回避しやすいのも魅力です。

低コストで始めることができ、リスク管理もしっかりしているため、初心者向けと言えるでしょう。

XMで3000円ボーナスを獲得する

 
【関連記事】